<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

ブログ「AquaTurtlium」は移転しました。

AquaTurtliumの新しいURL >>

本ページは5秒後に新しいページに自動的に移動します。
自動的に移動しない場合は上のリンクをクリックしてください。
ブックマーク・RSSなどを登録されている場合は変更していただきますようお願いします。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 古い記事 | TOP | 新しい記事 >>
水草&生体ストック!30cmストック水槽のタンクデータ
アマゾンフロッグピット・アナカリス・ウィローモスの30cm水槽

今日は普段あまり注目されない30cmストック水槽の詳細を記事にして見ます!
というか初トリミングを行ったので日付の記録用です^^;
本当にただのストック水槽なのでいろいろ至らないところがあるのは目をつぶってください^^;

水槽

エーハイム グラス水槽 EJ-30S (30×25×30cm)

フィルター

エーハイム アクアコンパクト2004

濾材

ワコー 洗車スポンジ YP149 イエロー

高性能活性炭 ブラックホール

底床

Spring Water(湧水の砂) スモール

渓流砂 粒径4〜8mm

照明

そこらへんにあったデスクライト 27W

ヒーター

なし

水草

グリーンロタラ,ウォーターカーナミン,ウィローモス,ナミガタスジゴケ(多分),アマゾンフロッグピット,アナカリス

生体

ニホンメダカ(約15匹),シマドジョウ(3匹),ミナミヌマエビ(約10匹)

やはり書いてみて思いましたが,かなり雑な環境ですね笑
それでもまあ成長遅めながらも水草はしっかり育ってくれています
以前自作した侘び草も少しずつ成長しているようです
ここのメダカは稚魚のころからこの水槽で育てています^^

もう少し近めの写真も撮ってみました


シマドジョウ・トイカメラ撮影

底床の湧水の砂はcharmで田砂が品切れだったので代替品として購入
pHを上昇させるという噂を聞いたこともありますが,少なくともウチの環境ではそのような効果は見られません
この水槽では水質は特に問題なく弱酸性をキープできています

少し工夫しているのは,2種類の底床を混ぜてなるべく自然観が出るようにしていることですね
あとは濾材の洗車スポンジ
イエローハットで100円くらいで売ってるやつです^^
それを1〜2cm角のサイコロ状にカットして濾材としています
材質もポリエーテルなのでみずに溶けたり崩れたりすることなく長期に渡って使用できるのがいいですね
90cmメイン水槽でも使っており,性能的にも問題を感じたことはありません
何といっても安いですしね!
カットは少々大変ですが,大体5個買えば10リットルくらいの量にはなるので本当にコストパフォーマンスは高いです
おススメですよ!^^

さて,ここのところそろそろかなーと思っていたのですがこんな感じにグリーンロタラが1本ついに水面まで伸びてきました

水面を覆うアマゾンフロッグピット

ロタラの量がまだまだ少なく増やしたかったのでトリミングして差し戻しました

トリミング後はこんな感じです

ついでに伸びてたモスも少し刈りました
すっきり!
ロタラに早く伸びて欲しいですね

では今日はここまで!

…あれ?

「最近ボクのこと忘れてない?」

ごめんねー
最近アクア記事が続いてましたね
カメには早いうちに登場してもらおうと思ってます
では!

スポンサーサイト

BLOG RANKING バナーをクリックしてランキングへの投票をお願いします!


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
COMMENT









Trackback URL
トラックバック機能は終了しました。
TRACKBACK