<< January 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

ブログ「AquaTurtlium」は移転しました。

AquaTurtliumの新しいURL >>

本ページは5秒後に新しいページに自動的に移動します。
自動的に移動しない場合は上のリンクをクリックしてください。
ブックマーク・RSSなどを登録されている場合は変更していただきますようお願いします。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 古い記事 | TOP | 新しい記事 >>
国産美種「サムライモス」の育て方!ポイントはCO2の添加
国産美種「サムライモス」の育て方!ポイントはCO2の添加

ウチの水草水槽である20cmキューブ水槽では,日本原産のモスの1種であるサムライモスというモスを育てています
ウィローモスにはない美しさがある種類ですが,育成はウィローモスよりも少し繊細な面があると感じています
今回はそんなサムライモスの育て方について,二酸化炭素の添加という切り口から考えます

サムライモスとは

概要

サムライモスはアジアの熱帯〜亜熱帯地域に分布するモス(苔)で,日本国内では九州,琉球,伊豆七島のような温暖な地方に自生しています
和名は「シマフクロハイゴケ」といい,南米ウィローモスのような三角形の葉を展開するもののあまり大きくならず,密度も高くなるという水槽でのレイアウトに適した美しい種類のモスです
色合いは南米ウィローモスのようなライトグリーンではなく,もう少し濃い目の色をしています

南米ウィローモスは活着力が弱いのが悩みの種ですが,このサムライモスは私が育成した限りではウィローモスに近い活着力があり,やはり水槽でのレイアウトに適しています
サムライモスを販売しているサイトでは活着力は弱いと紹介されていることが多いですが,少なくとも私の環境では気になるほどではありませんでした

アクアリウム用として販売されている水草・苔の中には,湿気の多い環境を好むだけで水没しての育成はできない種類が結構あります
アコルスとかはそういった水草ではないのに水草として売られていることの多い植物の例ですね
このサムライモスはそういった詐欺みたいな植物ではなく,ちゃんと水中で育成できるのでご安心ください

サムライモスの入手法

上に書いたように水草レイアウト水槽に適したモスであるサムライモスですが,最近ちょっと入手しにくい状態なのかもしれません
以前はアクアリスト御用達のcharmでも販売されており,私もcharmで購入したのですが,現在は在庫がないようです
ですが上のamazonのリンクから購入することもできますし,サムライモスで検索するといくつか販売しているネットショップが引っかかると思いますのでそこで買ってもいいでしょう

近場のアクアショップにサムライモスがおいてあれば店舗での購入も選択肢に入りますが,私は店舗においてあるのは見たことがありません

サムライモスの育て方

基本的には他のモスと同じ

ウィローモスなどのアクアリウム用のモス類と同様に,低光量の環境にも適応します
水質にもうるさくなく,幅広い環境に適応します
また活着するので,これもウィローモスなどと同様に流木や石に活着させて育てるのがオーソドックスな方法です
しっかり活着してほしい!流木などへのモスの巻きつけ方まとめで活着させる方法をまとめているのでよかったら参考にしてください

二酸化炭素の添加が有効

サムライモスを育てている20cmキューブ水槽では,今年の夏はいろいろな理由によりCO2の添加を中止していました
しかしその間にサムライモスは下の画像のように茶色く変色し,明らかに状態が悪くなってしまいました

茶色く変色したサムライモス

それを受けてCO2の添加を再開し,2週間ほど経過した後のサムライモスの状態が下の画像です

新しく明るい色の新芽を伸ばすサムライモス

茶色く変色した葉の先端から,新しく明るい色の新芽が伸びてきています
つまり,サムライモスにとっては二酸化炭素の添加がかなり重要な効果があるようです
サムライモスを育てるときは極力CO2を添加するのをオススメします

ソイルよりも砂礫系の底床に向く?

サムライモスはソイルのような低硬度の環境よりも,砂礫系のある程度硬度がある環境の方が調子が良い傾向にあるそうです
私は20cmキューブ水槽だけでなく,90cmニホンイシガメ水槽でもサムライモスを育ててみたことがあります
カメ水槽ではカメにかじられたりして結局ほとんど育っていませんが,確かに二酸化炭素を添加していないにもかかわらず多少は育っているので,ソイル環境の20cmキューブ水槽よりも調子が良いといえるかもしれません

ただし一応育ちはするものの,二酸化炭素を添加している水槽よりも濃い色(ダークグリーン)になりますし,成長スピードも遅いです
硬度よりも二酸化炭素量に依存して成長スピードや状態が決まるように感じます

ウィローモスよりは繊細

キレイな水草には繊細で育成が難しい物が多いですが,このサムライモスも少し繊細な面があります
とはいってもウィローモスよりも繊細というだけで水草全体で見れば強靭な方です
まあウィローモスが化け物じみているだけですね

90cmカメ水槽でよく育つウィローモス

上の写真は90cm水槽のウィローモスの様子です
亀がいるにも関わらずよく育っています
しかしサムライモスはこの環境ではここまで繁茂することはできず,ごくごく一部に少しだけ生えている程度です

私の予想ではCO2の添加がないのがやはり大きいと感じます
CO2さえ添加しておけば,さらに扱いやすく丈夫な水草になってくれると思います

まとめ

水草レイアウト水槽に向いているモスの1種「サムライモス」の育て方を紹介しました
上手く育てると本当にキレイに育ってくれるので,ぜひ試してみてほしい水草です
あまりこのサムライモスを使っている人は見かけないので,他の人との違いを演出することもできるかもしれません!

スポンサーサイト

BLOG RANKING バナーをクリックしてランキングへの投票をお願いします!


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
COMMENT









Trackback URL
http://aquaturtlium.jugem.jp/trackback/196
TRACKBACK