<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

ブログ「AquaTurtlium」は移転しました。

AquaTurtliumの新しいURL >>

本ページは5秒後に新しいページに自動的に移動します。
自動的に移動しない場合は上のリンクをクリックしてください。
ブックマーク・RSSなどを登録されている場合は変更していただきますようお願いします。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 古い記事 | TOP | 新しい記事 >>
健康維持に欠かせない!爬虫類飼いが知っておきたいバスキングの秘密
バスキングをしているニホンイシガメたち

ウチのイシガメのバスキングの様子です
一日のうちの結構な時間をバスキングに費やしています
水中では良く動き回りますが,バスキング中は別人のようにおとなしいですね
一旦バスキングモードに入るとなかなか動きません
気持ちいいんですかねー

そんなバスキングについて少し考えてみます

まずバスキングとは何でしょうか?
あいにく私は爬虫類の専門書等をもちあわせておりませんので明確に出典を示すことはできませんが
恐らく英語のbask【暖まる・ひなたっぼっこをする】の現在分詞形が由来でしょう
つまり“日向ぼっこをすること”と言えるでしょう
これだけではアバウトすぎるのでその目的をもう少し詳しく考えてみます

ちなみに,タイトルは“爬虫類飼いが知っておきたいバスキングの秘密”としていますが,全ての爬虫類がバスキングを必要とするわけではありません
そして必要とする種類であっても,その種類ごとにバスキングの重要性というのは変わってきます
この記事はあくまで目安だと思ってくださいね

光について

バスキングとは日向ぼっこをすること,すなわち光を浴びることです
ですが光と一言で言っても,それはまた様々な光線に分類することができます
ここでは,

目で見ることのできる波長域の光 【可視光】
可視光よりも波長の長い光    【赤外線】
可視光よりも波長の短い光    【紫外線】

これら3つに分類してその働きを考えます

可視光の働き

可視光とは『人間が』見ることのできる光なので,厳密にいえばカメにとっての可視光は人間とは異なるでしょう
まあ今回はこの差は無視します
可視光の働きはそんなに難しいものではありません
明るければ昼,暗ければ夜というように時間帯を把握して生活リズムを整えることに役立ちます
大したことなさそうに思いますが,日々状態良く飼育するため,また観賞面からもメリハリをつけて飼育ゲージの明るさを管理した方が良いです

赤外線の働き

赤外線ヒーターという言葉聞いたことありませんか?
炭火焼き肉がおいしいのは遠赤外線が〜みたいな話を長々しだす友人,いませんか?
赤外線は物質に吸収されると温度を上昇させる働きがあります
爬虫類は変温動物なので自分で体温をコントロールすることができません
赤外線を浴びることで必要な温度まで体温を上げて活動することができます

紫外線の働き

爬虫類飼育に関する部分では紫外線は波長によりさらに3つに分類することができます

UVA

食欲の増進や脱皮の促進,正常な繁殖行動をもたらすといわれる波長帯
曇り空やガラス越しでもある程度届くと考えられている

UVB

カルシウムを摂取するのに必要なビタミンD3を体内で作り出すのに必要な波長帯
基本的にガラスなどを透過しない
爬虫類飼育においてはいかにUVBを照射するかということが飼育の大きなポイントとなる

UVC

細胞破壊をもたらす有害な波長帯
殺菌灯などで利用されている

病気の予防

皮膚を乾燥させることで皮膚病や寄生虫を防ぐ効果があるといわれています

屋内飼育下でのバスキング

次に屋内飼育におけるバスキングについて考えてみます
屋外飼育の場合は放っておいてもカメがバスキングできる環境だと思うので特に何かしなくてもいいでしょう
リクガメと水棲ガメでは違いも大きいと思われますので,以下水棲ガメを想定します

バスキングスポット

バスキングするためには,飼育者側から適切な場所を提供してやる必要があります
ポイントは

  • 足場として安定している
  • カメがけがをしない
  • 表面が乾燥しやすい

などを満たすことです
よく水棲ガメ飼育で陸場として利用されるレンガですが,表面が乾燥しにくいのでバスキングスポットとしては適しません
レンガをバスキングスポットとして利用するのであれば表面に人工芝を敷くなどの対処が必要です

バスキングライト

赤外線を出しカメの体温を上昇させる役割をもつライトです
一般にバスキングスポット(ホットスポット)を30~35℃程度に温められれば良いとされています

光を出さずに赤外線のみを照射するヒーターとしての側面が強いような商品もあります
そういったものは夜間の保温まで考慮して光を出さないようになっているのですが,水棲ガメの場合は夜間は温度の下がりにくい水中にいることも多いのでそういった特殊なものを使う必要性は薄いと思われます

またケージ全体を暖めるような保温用ライトも水棲ガメには不要だと私は思っています
照射範囲を温めることが目的であり,普通のレフ球でもバスキングライトの代用となるので,私はレフ球を使用しています

紫外線灯

UVAおよびUVBを供給することが目的です
爬虫類用紫外線灯は様々な商品が販売されています
紫外線灯はほとんどのもので商品名の最後に10.0とか5.0とか2.0といった数字が付いていると思いますが,その数字が含まれているUVBの割合になります
10.0なら10%のUVBが含まれているということですね

一般的な水棲ガメの場合5.0程度が適当といわれていますが,紫外線灯で発せられるUVBは太陽光のそれと比べて非常に少ないので10.0でも良いかと思います(高価になりますが)
主にスパイラル型蛍光灯と直管型蛍光灯がありますが,どちらも効果は大差ないそうです
しかしスパイラル型のほうが一部に集中して照射しているので,バスキングスポットが固定されていれば効果的なようにも思えます(私の主観です)

可視光の供給

上に書いたような可視光の働きに加えて,紫外線灯を使用している場合には可視光にもう一つ役割が与えられます
紫外線灯は紫外線を出すことに重点を置いているため光が弱いものが多いです
すると紫外線灯をカメが直視し続け,目を傷めることがあります
そうのような事態を防ぐため,紫外線灯を使用する場合はある程度可視光を出すものを併用するほうが良いです

ZooMed社のレプティサン,カミハタのレプタイルランプは色温度(可視光の色味を判断する基準の一つ)も考慮されていて,別途可視光を供給しなくてもよいそうです
特にレプティサンは海外でも信頼が高く,UVBの実測値も高いとの情報があるので,高評価の紫外線灯であるといえます
私はレプティサンのスパイラル型26W UVB5%のものを使用しています

2013.06.20 追記

レプティサンのUVB量についてのソースはこちらです
http://rikugame.jp/files/UVB.pdf
ただし,これとは別にスパイラルタイプのレプティサンのUVB量は多くないとする計測結果も発見したのでそちらも紹介しておきます
各社UVB蛍光灯の測定データ( 1.023world - ヤドカリパークとマリンアクアリウム -)
なかなかどのライトが一番いいと決めるのは難しいことかもしれませんね...

照明装置

保温球や紫外線灯などをセットする照明装置は爬虫類用として販売されているものもありますが,熱帯魚用の照明装置や市販のクリップライトスタンドで代用もでき,その方が安価で済むことが多いです
熱帯魚用の照明装置には使用できる蛍光灯の規格が独自なものもあるので,きちんと互換性のある商品を選ぶことが大事です

カミハタのヴォルテス UVB 27W という商品は,熱帯魚用ライトスタンドとしてある程度の評価のあるヴォルテスと,色温度の高いレプタイルランプのセット商品で,使ったことはありませんがなかなかよさそうに思います

市販のクリップライトスタンドならヤザワというメーカーのものが安いようです
特にダイヤリフレクタークリップライトという商品はなかなか好評価のよう
私はヤザワの一番安いクリップライトスタンドにレプティサンをつけてますが先のほうがかなりはみだしてしまいます(^^;)

まとめ

以上色々と書いてきましたが,要するに落ち着いた環境で適切なバスキングスポットを用意し,可視光・紫外線・赤外線をバランスよく照射してやればいいんです
例として私の照明環境を紹介してみます

  • スドー エステルノ932i    32W直管型蛍光灯×2
 
  • ヤザワクリップライト     レプティサン5.0UVB 26W×1
  • 家にあったクリップライト   40W白熱電球レフ形×1

エステルノはカメのためというよりは同居の水草のために照射しています
ただこのくらいのW数があれば,ある程度温度も高くすることができるので,節電のため40Wのレフ球の撤去も検討しています(やはり蛍光灯だけではあまり暖かくなかったようで,バスキングの頻度が減ったためレフ球の撤去は中止しました)
ある程度明るい方が観賞面でもよいと思います

基本的に問題のない環境であればカメは自分でバスキングしようとするので,あまりにカメがバスキングしようとしない場合は,環境を改善するか強制乾燥をするなどして,カメを状態良くキープできるように努めたいですね

スポンサーサイト

BLOG RANKING バナーをクリックしてランキングへの投票をお願いします!


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
こんにちは、kamuyです。

おいらの家のニオイガメ達は、陸場にまったく上がらなかったので、今は完全に水中飼育です。
また、ニオイガメは、紫外線要求量が少ないみたいなので、照明のことをあまり気にせず飼っています。
なので・・・とっても勉強になりました。

そうそう、勝手ながらリンク頂きました!
今後ともよろしくお願いいたします。
kamuy | 2012/12/24 12:55
kamuyさん

コメントありがとうございます!
紫外線要求量の少ない種類は管理の手間がかからないというだけで魅力的ですね
ニオイガメは小さいのでなお良しです
私もいつかニオイガメにも手を出してみたいですねー^^

リンクの件ありがとうございます!
こちらからも張らせていただきますね
今後ともお願いします!^^
K8ki | 2012/12/25 13:56
COMMENT









Trackback URL
トラックバック機能は終了しました。
TRACKBACK