<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

ブログ「AquaTurtlium」は移転しました。

AquaTurtliumの新しいURL >>

本ページは5秒後に新しいページに自動的に移動します。
自動的に移動しない場合は上のリンクをクリックしてください。
ブックマーク・RSSなどを登録されている場合は変更していただきますようお願いします。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 古い記事 | TOP | 新しい記事 >>
小型水草水槽を立ち上げたい! その1.水槽の選定とセッティング
小型水草水槽を立ち上げるための水槽の選定とセッティング

最近30cmストック水槽関連の記事を全く書いてません
実は30cm水槽は4月の引越しの際に実家においてきちゃったんです
なんで今後もあんまりこのブログに登場することはないかも...

そんなこんなで管理してる水槽が1つになってしまいました
90cm水槽で十分といえば十分なんですが,メインはカメだから水草とかはあんまりできないしレイアウトにも制限がある...

というわけで!
もう一つ水槽を立ち上げることにしました
なんだかんだサブタンクが一つあると便利ですしね
ただし設置場所・費用・手間などの点であまり大きな水槽はおけません
部屋にあるラックに乗る程度の大きさ・重さでないと厳しいです
そんな感じで色々と制約はありますが,頑張って立ち上げていきます!

水槽の選定

みなさんは水槽を立ち上げるときは何から決めますか?
私は水槽からですね!
というか水槽を決めないと色々決めれないことも多いと思うので普通は水槽から決めるもんじゃないかなと思います^^;

今回はさっきも言いましたが,場所・費用・手間を考えて小型水槽で決定です
部屋をおしゃれな感じに演出してくれるだろうという期待を込めてキューブ水槽で行くことにします
30キューブにしようかなー…でも結構重量あるしなー…
と悩んでいるとこんなものが手に入りました

小型水槽の代用品にする20cmアクリルケース

20cmアクリルケースです
下のやつが土台でそれにケースをかぶせるんですね
・・・これ,水槽に使えるんじゃね!?

一般的に,水槽用として作られていないケースを水槽に流用するのは大変危険です
水圧にケースが耐えられない可能性が大いにあります
アクリルの場合,水槽は重合接着という高い強度のでる方法で接着するのが推奨されますが,普通のアクリルケースなどは溶剤接着という方法で接着されます
このケースも溶剤接着です
そして板厚は2mm…板が厚い方が強度が出るのですが,20キューブなら3mmは欲しいところです

普通ならば水槽としては使わない方がいいのですが,せっかく貰ったし水槽として使うことにしました
一応小型水槽では重合接着でなく溶剤接着のものが多く出回っているようで,charmとかでも売ってたりするのでそこまで不具合は起こってないと思うことにします
板圧2mmというのが心配ではありますが,最悪水漏れしたとしても最大8リットルだし何とかなるかなと...
ただし少しでも怪しい兆候が見えたらすぐに使用中止します

...ということで,少し不安は残りますが水槽は20キューブに決定しました!

水槽マットの選定

市販の水槽を買ったら大体の場合は水槽マットが付いてきますよね
水槽マットには水槽底面を傷から守る歪みの吸収振動の吸収等の役割があるので,オールガラス水槽では必須です
アクリル水槽でもあった方がいいと思うのですが,ウレタン製のマットはアクリルと化学反応を起こしはがれなくなるらしいのでウレタンは避けた方がよさそうです
私はこんな感じのゴムマットを使うことにしました

小型水槽用の水槽マットに使うゴムマット

ゴムマットは大丈夫だと思うのですが保証はしかねます...
200mm×200mmの10mm厚のやつがホームセンターで100円くらいでした

バックスクリーンのセッティング

さて次はバックスクリーンです
こいつがあった方が格段に見栄えがいいので付けておきましょう
今回は私のお気に入りのミスト風バックスクリーンを自作することにします
詳しい手順は 過去記事:半透明の背景で明るく綺麗な水槽!ミスト風バックスクリーンの作り方 にあるのでよかったら見てください^^
というかこの記事を書いた時に使った材料がまだ残ってたから流用しただけです^^;

そんな感じで完成したのがこちら!

小型水槽に半透明ミスト風バックスクリーンを設置

ん?バックスクリーン下の方が足りてない気が...
...どーせ底床で見えなくなるんでオッケー!
材料が足りない時はうまくごまかしましょう!

ちなみにバックスクリーンは,水槽の背面に両面テープでくっつけてます
前からテープが見えないように,水槽の板厚に合わせて両面テープをカットし,水槽背面の側面板の厚さに隠れる部分に両面テープを張ります
こんな感じで両サイドに薄く張れば前からはテープの存在は分かりません

小型水槽への自作バックスクリーンの取り付け方

まとめ

小型水草水槽立ち上げの第1回は水槽関連のセッティングでした!
お役にたちましたか?
次回は小型水槽の濾過フィルターについての記事の予定です!
是非次もみてくださいね^^

スポンサーサイト

BLOG RANKING バナーをクリックしてランキングへの投票をお願いします!


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
COMMENT









Trackback URL
トラックバック機能は終了しました。
TRACKBACK