<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

ブログ「AquaTurtlium」は移転しました。

AquaTurtliumの新しいURL >>

本ページは5秒後に新しいページに自動的に移動します。
自動的に移動しない場合は上のリンクをクリックしてください。
ブックマーク・RSSなどを登録されている場合は変更していただきますようお願いします。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 古い記事 | TOP | 新しい記事 >>
案外いろんな効果アリ!?各種カルキ抜き剤の特徴&自作方法
カルキ抜きを自作する方法

アクアリウムをやっている人ならだれでも持っているであろうものがカルキ抜き剤です
ほとんどの環境ではコレがなければ魚やエビたちは生きていけないでしょう
そんなアクアリウムの必需品ともいえるカルキ抜きですが,案外色々な種類があります
そこでカルキ抜きにはどんなものがあるのかまとめてみました

さらに,購入すると500mlで数百円程度のカルキ抜きですが,ちょっとひと手間かけるだけでもっと安上がりに調達することができます
そんなカルキ抜きの自作方法もご紹介します

カルキ抜きの種類

塩素中和特化タイプ

カルキ抜きの本来の目的である水道水に対する塩素中和効果のみをもつタイプのカルキ抜き剤です
スタンダードなタイプのカルキ抜き剤と言えます

有名どころだとテトラのコントラコロラインやGEXのコロラインオフがこのタイプです
ハイポと呼ばれる粒状タイプのカルキ抜き剤もここに分類されます

塩素中和+コンディショナータイプ

カルキ抜き本来の塩素中和効果に加えて,魚の表皮やエラを守る等のコンディショナー効果を付加したタイプです
塩素中和特化タイプに加えてやや高価です
各メーカーから出ている商品を簡単に紹介していきます

エーハイム 4in1

ドイツの老舗・エーハイムの商品です
コロイド成分による粘膜の保護,ポリマー成分による白濁りの原因の除去,重金属の無害化,ビタミンB配合を謳っています
この手の商品の中では有名なほう

アクシズ ウォーターサプリ

アクシズというメーカー製のカルキ抜き剤です
熱帯魚用,日淡用,エビ用,カメ用,両生類用など生体によって細かく色々な種類に分かれています
フルボ酸・フミン酸の強化配合,麦飯石配合,海洋性珪藻土配合を謳っています
細かく分かれているけれどどれでもそんなに変わらないんじゃないかな…という気も少ししますねww

テトラ パーフェクトウォーター

テトラ製の商品です
カルキの他にも重金属やクロラミンの除去,粘膜の保護効果があるそうです

ここまでまとめてみて思いましたが,どの商品も大差はなさそうですね
付加効果としてあるのは重金属の除去や粘膜の保護あたりが主流なようです
このタイプのカルキ抜きのコンディショナー効果がどの程度のものなのか評価するのは難しいですが,アクアリウムにおいて必須というレベルのものではないと思います
コンディショナー効果のない塩素中和特化タイプのカルキ抜きを使って問題なく飼育している方も大勢おられるはずです
特に大切な生体に対して少しでもプラス効果があれば…程度の気持ちで使うのが良いのではないでしょうか

カルキ抜きの自作

上記2種類のカルキ抜き剤では大体の場合塩素中和特化タイプの方が安価ですが,それよりもさらに安価にカルキ抜き剤を入手する方法があります
…そう,自分で作ってしまえばいいのです
というわけでカルキ抜きの自作方法をご紹介します

用意するもの

  • ハイポ
  • 精製水

ハイポと精製水でカルキ抜きを自作

用意するものはこの2つだけです
ハイポは上でも紹介した粒タイプのカルキ抜きです
精製水は薬局などで500mlのボトルが100円程度で売っています

ハイポを精製水に溶かす

作業は精製水にハイポを溶かすだけです
分量は精製水500mlあたり2.5gです

精製水500mlあたりのハイポの量の目安

測りが手元になかったのでハイポ20粒くらいで2.5gだと思って溶かしました
一円玉と比べるとこれくらいですね
多分大きく外れてはいないんじゃないかと思います

ここで溶かすハイポはチオ硫酸ナトリウム(Na2S2O3)と呼ばれる物質で,市販のカルキ抜きはこのチオ硫酸ナトリウムを水に溶かして着色したものです
これをテトラのコントラコロラインと同じ濃度の水溶液にしたものが今回の自作カルキ抜きの正体です!
なおこの分量は自家製コントラコロライン - よしを’sホームページを参考にしています

これでカルキ抜きの自作は完了です
お好みのボトルに詰め変えたり,メチレンブルーなどで着色すればもっとそれっぽくなるでしょう
私は面倒臭いしこのボトルも割と使い勝手がいいのでそのままで使っています^^;
この方法でカルキ抜きを作れば100gのハイポで数年はもちますから,かなりおトクですね!

まとめ

普段あまり気にしていない“カルキ抜き剤”について掘り下げてみた今回の記事,いかがでしたか?
少しでもお役にたてば幸いです

数百円の得にしかならないかもしれませんが,こんな風にいろんな飼育用品を自分で作ってみるのもアクアリウムの楽しみの一つですよね!

スポンサーサイト

BLOG RANKING バナーをクリックしてランキングへの投票をお願いします!


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
COMMENT









Trackback URL
http://aquaturtlium.jugem.jp/trackback/88
TRACKBACK