<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

ブログ「AquaTurtlium」は移転しました。

AquaTurtliumの新しいURL >>

本ページは5秒後に新しいページに自動的に移動します。
自動的に移動しない場合は上のリンクをクリックしてください。
ブックマーク・RSSなどを登録されている場合は変更していただきますようお願いします。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

小型水草水槽を立ち上げたい!発酵式で二酸化炭素を添加!
発酵式で二酸化炭素を添加する方法

小型水草水槽を立ち上げたい!シリーズ第3弾となる今回は,水草水槽には欠かせないCO2(二酸化炭素)の添加についての話題です
水草は植物なので二酸化炭素を使って光合成をしなければ成長することができません
普通の水槽では二酸化炭素が不足してしまうので,水草水槽では人の手で添加してやるわけですね

二酸化炭素の添加方法は今回紹介する発酵式以外にも,小型ボンベやミドボンを使う方法もあります
扱いやすさや管理の楽さはボンベを使う方法の方が上ですが,初めて水草水槽を作ってみようという方など,手軽に二酸化炭素が添加できるという点では発酵式が勝ります
ボンベ式で二酸化炭素添加のための道具を一式そろえるとかなりの出費になってしまいますからね…

というわけで,安価で手軽な発酵式CO2添加装置の自作法を紹介していきます

続きを読む>>
小型水草水槽を立ち上げたい! その2.外掛け式フィルターの改造
小型水草水槽立ち上げのために外掛け式フィルターを改造する

この記事は小型水草水槽を立ち上げたい! その1.水槽の選定とセッティングの続き記事です

小型水槽を立ち上げたい!シリーズ第2回はフィルターについてです
記事タイトルを見れば分かってしまいますが,今回はフィルターとして外掛けフィルターを選択しました
そしてそれを改造していくわけですね!
ではでは,そんな感じでフィルター改造の流れをご覧ください

続きを読む>>
小型水草水槽を立ち上げたい! その1.水槽の選定とセッティング
小型水草水槽を立ち上げるための水槽の選定とセッティング

最近30cmストック水槽関連の記事を全く書いてません
実は30cm水槽は4月の引越しの際に実家においてきちゃったんです
なんで今後もあんまりこのブログに登場することはないかも...

そんなこんなで管理してる水槽が1つになってしまいました
90cm水槽で十分といえば十分なんですが,メインはカメだから水草とかはあんまりできないしレイアウトにも制限がある...

というわけで!
もう一つ水槽を立ち上げることにしました
なんだかんだサブタンクが一つあると便利ですしね
ただし設置場所・費用・手間などの点であまり大きな水槽はおけません
部屋にあるラックに乗る程度の大きさ・重さでないと厳しいです
そんな感じで色々と制約はありますが,頑張って立ち上げていきます!

続きを読む>>
自作オーバーフロー濾過システム!60cm水槽改造濾過槽の自作
自作オーバーフロー濾過システム!60cm水槽改造して濾過槽を自作する

ウチの90cm水槽はダブルサイフォン式のオーバーフロー濾過システムを採用しています
(オーバーフロー式濾過について → アクアとカメ飼育の濾過を極める!フィルターの種類・選び方まとめ
以前まで,濾過槽は衣装ケースを改造して安上がりに作ったものを使っていましたが,耐久性に不安が残りますし見た目もあまりよくないため,4月の引越しの際に思い切って新しくいいものを作り直すことにしました
その様子をいくつかの記事にまとめていく予定です

今回は“濾過槽”の作成についての記事になります

続きを読む>>
半透明の背景で明るく綺麗な水槽!ミスト風バックスクリーンの作り方
半透明な背景!水槽のミスト風バックスクリーンの作り方

突然ですがみなさんは水槽のバックスクリーンどうしてますか?

ベーシックに黒のバックスクリーンを貼ってる方,自然な雰囲気を出そうと水草がプリントされたものを使っている方,解放感を大切にして何も貼っていない方など色々な方がいると思います
そんななかでもADAのようなネイチャーアクアリウム水槽では,背景が白っぽく曇ったようになっている水槽を時々見かけませんか?
あれはキューブガーデンミストという後ろのガラスが曇りガラスになった水槽を使っているということを最近知りました

そもそも私は今までバックスクリーンを貼っていなかったのですが,バックスクリーンを貼らない場合,背後の壁が見えてしまいどうしてもしっくりこないこともあると思います
そんなときにミスト風のバックスクリーンを使えば,明るさと透明感は残しながら背後は見えないとまさにベストです

しかしながら,なかなかこれ!という感じのミスト風のバックスクリーンが販売しているところを見かけません
ないなら作ってしまおうということで,今回はミスト風バックスクリーンの作り方を紹介します

続きを読む>>

BLOG RANKING バナーをクリックしてランキングへの投票をお願いします!


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...